即日融資キャッシング

借りやすいキャッシングローン

借入審査に通る自信がなければ大手より準大手がおススメです。

誰しも同じお金を借りるなら少しでも金利が低い業者からキャッシングしたいと思うのは当然です。しかし金利が低い大手消費者金融は審査が厳しいのが常識で、借入件数が3件以上であったり、借金総額が年収の三分の一以上あったりすれば、まず審査に通りません。

0一番借りやすい金融特集
消費者金融

確実に借りようと思えば、大手ではなく中小の消費者金融を選ぶべきです。もっとも中小といってピンからキリまでありますので、そこは金融業界に詳しいナビゲーターに尋ねるべきです。金融関連の掲示板などを閲覧して口コミ情報を吟味するのもよいでしょう。

中小の中で一番審査が甘い消費者金融

狙い目は、中小の中でも特に審査が甘くて低金利な消費者金融です。実際にそんな理想の貸金業者があるのかと疑問に思われるかもしれませんが、全国にある貸金業者で一番多いのがこの中小規模の消費者金融です。

この中には、多種多様な金融業者が混在しており、大手に近い内容の業者や、逆に多重債務者向けの融資をしている業者もあります。そういった中から自分の状況に合致した融資先を探すことが出来れば、必ず審査に通るでしょう。

ただ、気を付けなくてはならないのは、貸金業登録をしていない闇金融などに手を出してしまうことです。

彼らは正規の金融会社のような看板を出して偽っている場合がありますので、しっかり見極めることが重要です。

女性にはレディースローン

主婦の方は女性専門のレディースローンを活用しましょう。女性に借りやすいシステムが完備されていますので必見です。また、多重債務が原因で中小消費者金融の審査に通らない方は、諦めたほうが無難でしょう。それ以上債務を増やしても行き着くところは自己破産です。早めに解決されたほうがいいと思います。

0

借入審査に通らない理由

どうしても審査に通らなかった場合、重大な何らかの理由があると考えたほうがいいでしょう。考えられる理由として以下のようなことが事項があります。
  • 返済能力に問題がある(多重債務)
  • 収入(無職、専業主婦)
  • 信用情報機関に事故情報登録されている

一番多いのは、返済能力不足と見なされることです。これは借入件数が多い多重債務者の方によくみられる傾向で、収入に占める返済額の多さが問題となってきます。総量規制によって年収の三分の一以上の新規借入が規制されているのも、同様の理由です。

収入については、一定の収入があればいいのであって、アルバイトやパートの方でも審査には通ります。但し、無職や専業主婦、あるいは期間工といった一定の収入がない人は、審査には通りません。どうしても借りたいと考えるなら、定収のある職に就いてから申し込みましょう。

そして一番審査で重要なのは、信用情報機関の個人情報です。この個人情報に事故情報として登録されていれば、100%アウトです。

事故情報とは通称ブラックリストに呼ばれていて、過去に自己破産や支払いの遅延行為をしていれば、登録されている可能性が高くなります。

また、最近は携帯電話の支払いをしていなくても、こういった信用情報機関のデータに残ってしまうことがあります。

日本経済と金融業界の基礎知識