即日融資キャッシング

住宅ローンがあった場合

どうしても金融業者からの借金返済が苦しくなった場合、債務整理をとるより手段はあ
りませんが、その際に住宅ローンが残っている場合の対処策について、紹介したいと思
います。

折角買ったマイホームなのに、手放すには惜しいと考えている人にはぜひおススメした
い制度です。

民事再生・住宅ローン特約

住宅ローン以外で消費者金融等から借りている支払いがなければ、住宅ローンを支払え
るという方には、民事再生・住宅ローン特約精度が活用できます。

これは金融業者からの借入を民事再生を利用して五分の一に減額し、住宅ローンはその
まま支払っていくという方法です。自己破産のように借金はゼロにはなりませんが、借
金が五分の一に減額された上に住宅を手放さずに済むことが、この制度の最大のメリッ
トです。

0

住宅ローン特約が使えない人

しかし、民事再生・住宅ローン特約は基本的に金融業者からの借金がなければ住宅ロー
ンを支払っていけるという人が利用できる制度なので、借金がなくても住宅ローンが払
えないという人には利用できません。

そういった方は、住宅ローンそのものが過大過ぎて、住宅ローンそのものに問題があっ
たということです。したがって、そういった方は住宅を手放して自己破産手続きをされ
るより方法はないでしょう。

民事再生・住宅ローン特約の手続き

民事再生・住宅ローン特約を申し込むには、まず所轄の裁判所へ民事再生手続きをしま
す。その際、住宅ローン特約を併用する旨を記載して、その他の債務に関する再生計画
案を申し立てる際、住宅ローンの返済計画案も提出します。

なお、民事再生には、小規模個人再生と給与所得者等再生の二種類の方法がありますが
、住宅ローン特約は双方とも組み合わせることが可能です。