即日融資キャッシング

ノンバンクとは

ノンバンクとは、銀行のように預金業務がなくて貸出業務のみを行っている金融業者を指し
ます。銀行は預金者からお金を集めて、それを融資して利息を稼いでいますが、ノンバンク
は銀行からお金を借りてそれを顧客に融資をしています。

したがって、ノンバンクは銀行と比べると資金調達コストが高くなるのが特徴といえるでし
ょう。

ノンバンクは顧客にお金を融資をし、その利息によって利益をあげているわけですから、当然
顧客数と貸付残高こそが営業資産となってきます。つまり、顧客数と貸付残高があれば毎月相
当な利息を生むこととなり、営業利益につながるというわけです。

こういったノンバンクの形態は、日本経済の発達にともなう消費の拡大や多様化に応じて、
急速に成長を遂げてきました。

特に顕著なのは消費者金融業界で、バブル崩壊後はお金を融資してもらっているはずの銀行業
界を凌駕してしまう発展を見せていました。

これは無担保無保証で簡単に借りれることや、カード一枚で全国どこでも利用できる利便性が
庶民のニーズに合致したといえるでしょう。

0

金融情勢に影響を受ける

前述したように、ノンバンクの資金はすべて銀行や証券会社といった金融機関からの借り入れ
です。したがって、ノンバンクがパンクしてしまうと金融機関側の不良債権となってしまい、銀
行等の業績にも大きな影響を与えてしまいます。

また、国内の金融情勢等の影響によって銀行の融資方針は左右されますので、当然ノンバンク
にもその影響は及んでしまい、結果的に貸出資金量にも影響が出てしまいます。

そういった資金調達に対する脆弱な体質こそが今後の課題といえるかもしれません。